トップへ戻る

年間6,000件以上実績のパーソナルスタジオ

利用クレジット

年間6,000件以上
実績のパーソナルスタジオ

福利厚生倶楽部

福利厚生倶楽部

福利厚生倶楽部

福利厚生倶楽部

利用クレジット
本気!しっかり痩せたい方ページ 本気!しっかり痩せたい方ページ
写真素材2
まずは2ヶ月、綺麗に痩せる究極の方法 まずは2ヶ月、綺麗に痩せる究極の方法

1日の摂取カロリーの目安は、1600kcal 1日の摂取カロリーの目安は、1600kcal

こちらの摂取カロリー数が基本になりますが、必ず3食食べるようにしてください。
★2の項目にある栄養素を1日で取り入れるのが絶対条件です!

4項目の食品を1日で摂取! 4項目の食品を1日で摂取!

余計に”お腹が空いてしまう” ”お菓子が食べたい”はこれが原因です!
これから説明する4項目を1日で全て取り入れると、ホルモンバランスが保たれて余計な暴食を防ぎます。
そして、誰もがリバウンドのないダイエットを成功させています!

※全ての項目で割合を守り摂取する事が大切です。

全て取り入れ激変ダイエット 全て取り入れ激変ダイエット

矢印2 【1群】乳・乳製品・卵
 ※1日の目安240kcal

1群の食材はこちら

矢印2 【2群】魚・肉・豆、豆製品
 ※1日の目安240kcal

2群の食材はこちら

矢印2 【3群】野菜・芋類・果物
 ※1日の目安240kcal

3群の食材はこちら

矢印2 【4群】穀物・油
 ※1日の目安880kcal

4群の食材はこちら

4群分け食材点数図 4群分け食材点数図

※以上の分量をなるべく超えないように、3食に分けて食事してください。
バランス良く食べることで、ホルモンバランスが安定し、慣れるとお菓子などを食べたくなくなります。

夜中22時〜3時までの時間帯は食事禁止 夜中22時〜3時までの時間帯は食事禁止

この時間帯は“消化機能の低下” “代謝が最も下がってる” 為、何を食べても太りやすくなります。
どうしてもこの時間帯の夕食になってしまう方でも、基本1日3食の食事の1食として入れてしまうと体を変える事が困難になってきます。

※もちろんこの時間帯のお菓子やパンなどは大大大危険食品!!

朝食の大切さを十分に理解! 朝食の大切さを十分に理解!

もうみなさんご存知 “朝食は起きて30分以内” “朝9時までには食べる” は守りましょう!
朝食を食べない、また9時以降にたべてしまうと、1日を通して血糖値に大きな波をつくってしまいます。

● 朝ごはんを食べない = 血糖値が上昇し脂肪を貯めるホルモンが出る

矢印

● 何かを食べる = 血糖値が下がり、筋肉を削るホルモンが出る

以上の流れが一日中続き、ポッキー1本でも太ってしまいます。

※朝食前の運動、散歩はダイエットにはマイナス効果しかありません。。。

ぽっこりお腹にさようなら ぽっこりお腹にさようなら

スムージは代謝に必要なビタミンミネラル、酵素、食物繊維がたっぷりとれます。
「緑の葉野菜」には血液をアルカリ性にするクロロフィルが含まれているので、ぽっこりお腹を解消する大きな助けになってくれます。

※コンビニのスムージーは添加物(危険食品)が多く含まれています。

スムージーの作り方はこちら スムージーの作り方はこちら

スムージー スムージー

ぽっこりお腹をへこませる最も簡単な方法 ぽっこりお腹をへこませる最も簡単な方法

血液を酸性からアルカリ性にすれば、内臓脂肪は減っていきます。この時に活躍してくれるのが「クロロフィル」という栄養素。血液をアルカリ性にする働きがあります。緑の葉野菜にはクロロフィルが多く含まれているので内臓脂肪を減らそう!と思ったら、緑の葉野菜で血液をアルカリ性にしていきましょう。
ポッコリお腹が気になったら、緑の葉野菜をたっぷり使ったグリーンスムージーがおすすめです!